会社概要

北海道産なたね油


バイオディーゼル燃料


廃食用油回収
工場視察見学のご案内
インフォメーション
モバイル










Counter

 

 
バイオディーゼル燃料とは、動植物油を原料として製造される燃料のことで、ディーゼルエンジンを稼動
させる軽油の代替液体燃料です。諸外国では、ナタネなどの油糧作物から直接バイオディーゼル燃料を製
造していますが、日本では油糧作物の栽培がほとんど無く、食用油の原料は輸入に頼っていることと、リ
サイクルの観点から、主に植物油(廃食用油)を原料にバイオディーゼル燃料を製造しています。
※エコERCでは使用済み天ぷら油のみを回収しています(動物性油脂及びパーム油の回収は行っており
 ません)。
バイオディーゼル燃料とは、脂肪酸メチルエステルのことを指しBio Diesel Fuelを略してBDFと呼ん
でいます。
バイオディーゼル燃料(以下BDF)はその燃料の性状が軽油とほとんど同じで、軽油の代替燃料として
汎用性が高くヨーロッパやアメリカなどでも地球温暖化防止と農業生産を目的に実用化が進んでおり、東
南アジアやアフリカでは新たな産業として製造が始められています。
 
  <カーボンニュートラル>
  ガソリン、軽油、灯油、重油などの化石燃料は、製造する過程や燃料
  として利用される時にCO2を排出し、地球温暖化の原因となってい
  ます。一方、BDFも燃焼時には化石燃料と同じくCO2を排出しま
  すが、このCO2は元々原料である植物が成長過程で吸収したCO2
  であるため、大気中のCO2を増やしません。
  つまり、化石燃料は地下に固定されていた炭素(カーボン)を掘り起
  こして燃焼するために大気中のCO2が増加し、BDFは元々大気中
  にあったCO2が、燃焼によって再び大気中に戻るだけなのでCO2
  が増加しないのです。このことをカーボンニュートラルといい、BD
  Fの利用は地球温暖化対策に有効なのです。
  京都議定書でもこの考え方が採用され、BDFの燃焼によって排出さ
  れたCO2については、温室効果ガス排出量をゼロとみなしています。

  <再生可能エネルギー>
  軽油の原料である石油は、長い年月をかけてできた化石燃料で、一説
  ではあと40年程度でなくなるとも言われています。
  BDFの原料である植物(油糧作物)は、毎年生産することが出来る
  ため、限りある石油資源に代わる燃料としてBDFは注目されていま
  す。BDFが広く利用されることで、化石燃料の節約につながるので
  す。
 
  エコERC豊頃工場バイオディーゼル館の、BDF製造量は国内トップクラスで、北海道では最大規模です。また、国内で唯一
  24時間連続稼働をしており、一日に最大で3,600LのBDFを製造することが出来ます。
  エコERCでは、年間約75万L(平成22年度実績)の廃食用油を回収しています。廃食用油を大量に回収し原料の均一化を
  図ることと、独自の精製技術で、より高品質なBDFを安定的に製造しています。
    
 
  <廃食用油の回収>
  エコERCでは、生活協同組合コープさっぽろと連携して北海道全市町村の一般家庭から廃食用油を回収する他、帯広市を中心
  とした十勝管内の一般家庭や外食産業などから排出される廃食用油を回収しています。
  
  <廃食用油の搬入と前処理>
  回収した廃食用油は、専用のタンクローリーで豊頃工場へ輸送・搬入されます。搬入された廃食用油は、高品質なBDFを製造
  するために、前処理として天カスなどの不純物や水分を取り除きます。
    
  <BDFの製造>
  前処理した廃食用油は、メタノールにアルカリ触媒を溶かしたものと混合しエステル交換反応を行います。この反応により、廃
  食用油は粗製BDFと副産物である粗製グリセリンに分かれます。粗グリセリンは濃縮して取り除き、その後バイオガス生成用
  原料や燃料などさまざまな用途で利用されています。
  このエステル交換反応は、通常1回しか行われていませんが、エコERCでは独自の製造プロセスにより数回行うことで、効率
  のよい反応を促し高品質なBDFを製造しています。
  
  反応分離した粗製BDFは、多段階温水洗浄により、最小限の水で残留しているBDF以外の不純物を効果的に取り除きます。
  洗浄したBDFは脱水し、高品質化プロセスを経て、より質の高いBDFのみを屋外製品タンクへ移します。高品質化プロセス
  で取り除いたBDFは工場の蒸気ボイラー燃料などに利用しています。こうして、北海道という寒冷地でも利用可能な高品質な
  BDFが出来あがります。
  
  <BDFの出荷>
  こうして出来あがったエコERCのBDFは、自社の出荷施設から専用のタンクローリーで十勝管内は基より全道各地に出荷さ
  れ、環境問題や地域貢献を意識されている事業者様や個人のお客様にご利用いただいています。
    
  
  エコERCのBDFは、主に自動車燃料として、全道の生活協同組合コープさっぽろの宅配車や官公庁の公用車、市内路線バス
  等にご利用いただいている他、建設工事現場などの建設機械や工事車両などにも利用されています。
  今後もBDFの更なる利用促進を目指しています。
     
    
  
  エコERCのBDFを使うには、会員登録(無料)が必要です。会員登録後、帯広本社及び豊頃工場、更別村の給油所が利用可
  能になるほか、タンクローリーで事業所や建設工事現場等への配送も行っております。
  詳しくはエコERCまでお問合わせ下さい。
  お問合わせはこちらから

 
Copyrightc ECOERC co.,ltd.all right reserved.